計画的な借金返済を

長財布を持っている人

明確な目的と借金返済計画に基づいて、車の購入や住宅、事業資金などを借り入れる場合、強い意志に基づいて毎月の借金返済を続けていくことになると思います。

それ以外にも、急な入用や買い物のためにある程度のお金を金融機関や消費者金融から借り入れる場合にも、同じく毎月の借金返済が必要になります。 最近ではキャッシングはリボ払いなど、借金の総額に関係なく毎月一定の金額を返済することができる仕組みもあるのでよりシンプルに考えることができるかもしれません。 ですが、それでも借金返済が長期にわたるためその分だけ利息分が多くなります。

あまり明確な目的がなく借金をした場合、返済する点でもかなりの意志がないと滞ってしまうことがあります。 あるいはもともと返済計画に無理があって、当然の流れとして滞ってしまうことがあります。 そうなると、安易な発想として他の場所から借りればいいということで借金返済のために別な貸金業者から借りることもあります。

多重債務とならない様に注意

一旦多重債務になってしまうと、正確にどれだけのお金を借りているのか把握することを怠ってしまい、どのような借金返済計画で完済に向かっているのかさえわからなくなってしまいます。

こうなると、事態は悪い方向に進んでしまいます。 もしかすると、毎月少しばかりの借金返済をしていることで満足しているかもしれません。 ですが、それでは元金に対する利息分を補っているにすぎず、元金が減らなければいつまでたっても完済できません。 借金返済を完済するための大前提は、とにかく元金の部分をどんどん減らしていくことです。

お金を貸している業者の側に関して言えば、借りている方が利息分だけを返済してくれている方が都合はいいのです。 そうすればかなりの期間にわたって安定してお金を払ってくれるのですが、それでも元金は維持できるからです。

複数の金融機関からの借り入れがある場合、1つの場所にまとめてしまった方がより単純なので、おまとめローンなどを利用することを考えるかもしれません。 そのメリットとして借金の総額を知ることができることが挙げられますが、まとめることで借金の元金が大幅に減るわけではありません。

場合によっては、明らかに毎月返済すべき金額が収入に対して厳しい場合、法律相談によって然るべき方策を取る必要があるかもしれません。 最近では借り入れに関する借金の相談は無料で受け付けてくれますので、どのタイミングでも苦しいと思ったら借金返済の相談をすべきです。

借金返済のことで相談をするのは恥ずかしい、あるいは自分の失態を相手に見せている様で恥をかくと考えてしまう方もいるかもしれません。 ですが、自分の住所や名前を名乗らずに匿名で借金返済の相談をすることは可能です。 匿名での相談の場合は、直接会っての相談ではなく、電話もしくは電子メールなどでの相談となります。 行政の1機関である国民生活センターは、多重債務者のための相談窓口を設けています。 ここは匿名かつ電話代だけで利用できますので、気兼ねなく利用しましょう。 ただし、相談できる時間帯には限りがありますので、仕事をされている方は、お昼休みなどの空いた時間に相談をすると良いです。 相談前に気を付けるべき点は、きちんと自分の借金状況を相手に説明できるようにしておくことです。 何社から借りていて、それぞれ幾らの借入があるのか、毎月いくらずつ借金返済をしているのかなどの基本的な事項は抑えておく必要があります。 自分の置かれている借金状況を相手に上手く伝えないと、適切なアドバイスを得ることができなくなってしまいます。

私の借金を作った理由と返済について

私は結構、まじめな方で、元来借金を作るタイプではありませんでした。 しかしながら、仕事が忙しくストレスがたまり、それを発散する目的で週1回くらいの頻度でパチンコをしていました。 パチンコ、当たると本当に楽しい娯楽です。

自分でもセーブしているつもりでしたが、その楽しさにはまってしまい、パチンコ屋に通う頻度が週2回から4回になり、どんどん増えていきました。 当然、毎回、勝てるわけはありません。 最初は自分のお小遣いの中でパチンコをしていましたが、次第にそれでは足らず、カードローンなどで借金をするようになりました。

カードローンでお金を借りるのって、借金なんだけどすごく簡単なんですよね。 次第にその簡単さから、まるで自分の預金口座からお金を引き出しているような感覚になってしまい、借金をすることに罪悪感も抵抗感も何もなくなってしまいました。 すると、気付いたら借金返済しなければならない総額は300万円にもなっていました。

毎月バラバラにやってくる返済日に追われるようになり、まともに仕事も出来ません。 私は家族に内緒で借金返済をしていたのですが、自分だけでは解決できなくなりました。 事態を家内に打ち明け、家計から借金を返済してもらうようにしたのです。 それまで、バラバラのカードローン会社で借りていた借金を、返済を簡単にするためにひとつのカードローン会社にまとめました。 こうすることで、借入金利がそれまでと比べ大幅に下がりました。

結果として、毎月の借金返済額も抑えることが出来ましたし、返済日は月1回となりますので、返済日に追われるようなことはありません。 家内は私が作った借金を返すために、それまで勤めていたパート先を変えて、少しでも時給が良い所に職場を変えました。 それまでの職場には仲の良い友達もいたそうですから、私は家内に対して申し訳ない気持ちで一杯です。

カードローンはそれ自体、とても便利な存在です。 要は借り手がきちんと返済計画を持って、自分を律して利用できるかどうかが問題なのです。 今では、おかげ様で家族の協力もあり、借金は無事返すことができました。 これから、住宅ローンや教育ローンなどの借金をする場面があろうかと思いますが、きっちりと返済計画を考えて、ローンを利用していきたいと思っています。 [追記]